人気ブランドを ビタクラフト 温度が見えるテンプパン 621202 26cm-フライパン




















調理は温度へ。特許技術でリアルタイムに調理温度を表示

温度を1℃刻みでリアルタイムに確認しながら調理できる、画期的なフライパン。

火力ではなく絶対的な温度で調理

料理の失敗の大半は火加減。
今までの調理説明は「蒸気が上がったら弱火に~」「鍋を中火で温めます」など火加減やタイミングの表現があいまいでした。
また「弱火」「中火」「弱火」の火力も熱源や人によってかなり差があります。
しかし!こちらのテンプパンを使用すれば温度で調理できるので、ガスでもIHでも料理のプロも素人も誰でも同条件で調理が可能に。
だからテンプパンで調理すると失敗しないのです!
つまり素材にあった「おいしい温度」で調理すれば、素人にもプロ並みの味を作りだすことが可能に!べちゃつく炒飯、生焼けのハンバーグ、焦げ焦げの餃子はもう卒業!毎日の料理が劇的に変わります

焼く・炒めるはもちろん、煮る・ゆでるも温度調理で

フライパンの代表的な調理「焼く」「炒める」だけでなく「ゆでる」「煮る」も食材や料理に適した温度で調理すると惜しく仕上がります。
例えば肉じゃがや筑前煮は105~115度の低めの温度で煮ると食材が中で動きにくいので食材が煮崩れず美味しく、美しく仕上がります。

温度が見えるからコーティングが長持ちします

こちらのフライパンの表面にはフッ素樹脂コーティングが施されています。
フッ素コーティングは260度以上の空焚きをすると劣化するといわれています。
260度には簡単にならないよ!と思うかもしれませんが、ちょっと強火にして目を離すとあっという間に260度を越えてしまいます。
家庭の調理に260度は必要ありません。
このテンプパンなら温度を管理できるのでフッ素コートが劣化することなく長ーくツルツルを保つことができるのです。

高密度4層フッ素樹脂加工です

超硬化セラミックスダブル配合による耐摩耗性と耐久性。
耐摩耗テストは200万回をクリアしています。
焦げ付けにくいだけでなく、お手入れも簡単です。

使ってみました!

実際に自宅で使ってみました。ハンバーグを焼いたのですが、レシピ通りに170-180℃でまわりを焼いてから130-140℃で7-9分じっくり焼きました。
するとお店でオーブンで焼いたような肉汁たっぷりの仕上がりになりました!
想像以上にフライパンはすぐ高温になってしまい、中火で焼いているつもりでもあっという間に200℃くらいになっていたのには驚きました。
しばらく使っていると、温度の出ない普通のフライパンを使っている時でも温度の感覚がつかめるようになり、どんなフライパンやお鍋でも料理が上達していきそう!です。



画像の説明
ガラスフタ付き



【西蔵老礦朱砂龍紋天珠】 線珠(約50×15mm) ヒモチョーカー

人気ブランドを ビタクラフト 温度が見えるテンプパン 621202 26cm-フライパン

トピックス


子育て・教育情報


ベネッセの取り組み